化粧の歴史

最近では男性でもいつまでもかっこよくいたい、オシャレでありたい、かっこよくなりたいと思う方が多く、女性にも負けず劣らず、メンズコスメの愛用者が増えてきています。
昔は男性用のメンズコスメと言うとオーデコロンや男性用のシャンプーなどが一般的でしたが、最近ではファンデーションや化粧水、などの肌の美しさを保つものも多く、美容意識がより一層高まりつつあります。

日本での化粧の歴史
縄文時代や、弥生時代から、土偶やはにわの顔に赤いものを塗っていることがわかっています。元はこういったものが、始まりだと考えられています。
土偶やはにわの顔に塗っていたのには理由があり、魔除けとしての効果があると伝えられていてます。 なんと、今から2000年以上も前のことです。
六世紀の後半からは中国より、紅や白い粉が入ってきて、唇をとても濃い赤で染めていました。これが、口紅の始まりのようなものです。
それから、平安時代には女性が肌の色や眉毛などに気を使い、オシャレに見せようと努力しています。
爪にホウセンカの花を使って爪紅をするようになりす、これがマニキュアの始まりです。
それから、平安時代の終わり頃には男性も女性似た化粧をするようになっていきて、お歯黒もやっています。

OUT LINK

高品質のメンズコスメを通販するならこちら|ザス-zas

カレンダー
2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
カテゴリー
  • カテゴリーなし